【閲覧注意】ちんぽが腫れ上がるまで激しくビンタされ、射精中もビンタをされ続けた結果!

M男の皆さん!こんばんは!
管理人の須出絵夢男(すでえむお)です。

このブログをご覧の皆様は、固く勃起したちんぽを思い切り女性に叩かれたことがありますか?
多分、経験をしたことがあるM男は少ないかと思います。

今回は、ちんぽが腫れ上がるまで激しくビンタされ、射精中もビンタをされ続けた物語を紹介します。

射精中にビンタをされる屈辱、そして竿から玉に響き渡る快感

僕はIT会社で働くエンジニアの須出絵夢男。
この会社に入ってから、かれこれ8年になる。

今日の夕方、会社でミスをしてしまい女上司にしかられ、鍛えなおすとの名目でホテルに連れていかされた。
ズボンやシャツ、パンツを全て脱げと言われベットの横に立たされたかと思うと、平手打ちで僕の大事な部分であるちんぽを容赦なしに、上から下に素早く手を振り落としビシッとビンタを繰り返すのであった。

激痛が走るちんぽだが、叩かれている内に何だか気持ちよくなっていき、ちんぽが叩かれている振動がじわじわと金玉に伝わり、叩かれる度にキュンと玉が持ち上がる不思議な感覚がした。もうやめてと思うのだが、続けて欲しい気持が強くなっていく。

女上司は男の出っ張ったちんぽが嫌いなようだ。亀頭は真っ赤に晴れているが、容赦なくビシッビシッっとビンタを繰り返してくる。自分のちんぽを見ると半分勃起をしてしまっている。叩かれると痛みと衝撃で少しづつ縮んでくるのだが、女上司は楽しんでいる様子で、縮んでくるとローションで亀頭をぐりぐりと擦りあげ、また勃起したところをビンタしてくる。

繰り返しビンタや亀頭を擦られている内に、射精感が押し寄せてきた、「行きそうです」と女上司に伝えると、何と寸止めしてきたのだった。しかも少し我慢できずに精子が垂れている時に、また思いっきりビンタを繰り返してくる。初めての感覚だ、精子が垂れ流している最高に気持ちいい時にビンタをされる。屈辱的で快感と痛みが交差していく。女上司には心からありがとうと言っている自分がいたのだ。

寸止めを5回くらいされてから、女上司はローションをたっぷりと亀頭に擦りつけて、今度は指で亀頭を素早く擦って来たのだ。何か出る!と思った瞬間、精子では無い透明なものが自分の意識と反して出て来るではないか。
生まれて初めての潮吹きであった。おしっこを漏らしている感覚であろうか。その瞬間は時間が止まっているかのようであった。

この出来事から僕は、ちんぽをビンタされる快感を覚え、街を歩いている時に女性の手を見ると、その手で僕のちんぽを叩かれている姿を想像するのだ。

この動画は、初めて叩かれた時の物語である

動画が見られない場合はこちら